来る126日(日)に根岸森林公園で開かれる駅伝大会に当社の社員4名で
タスキを繋いで走ります。
参加に当たって、おそろいのTシャツを作りました
(小野寺作)メンバーの中にはマラソン経験者もいますが駅伝は初参加です

ユニフォーム写真
この駅伝大会は、ハーフマラソンの距離 21kmで、公園内の1.3kmの周回
コースを16周走ります。制限時間は2時間。全員が同じ距離を等分するわけ
ではなく、16周をチーム内で相談して割り振りを決めて良いとのルールです。
ただし、タスキを繋ぐ区間が設定されており、1周単位で走ることは決められ
ています。
今回は初参加ということで、休憩を入れながら順番に走ることに
しました。


それでは、ランナーの紹介です。

17走者  杉浦:1周目および16周目担当

チーム最年長。マラソン経験なし。昨年の12月からジョギングを始めた
ばかりの初心者
ランナー。参加するだけで満足。タイムは期待できず。
部長権限でスタートとゴールの
おいしいトコ取り



25走者  小野寺:24周目および1112周目担当

チーム最年少。昨年の東京マラソンほか、多数のフルマラソン経験者。
そこそこのタイ
ムが期待でき、スタート直後の出遅れの挽回が期待される。
この企画の中心的存在で申し込み手続きやTシャツ作成を買って出てくれた

 

36走者  佐々木:57周目および1315周目担当

チーム最速の秘密兵器。今年の4月より正社員として当社に入社予定。
昨年の東京マラ
ソンでは4時間を切るタイムでゴール。エースとして期待大。
15周目終了時点でデッド
ヒートの場合、続けて最終周も走るハメになるかも



4走者  矢野:810周目担当

今年2月の東京マラソンにエントリー。学生時代、陸上部に所属。フルマラソン
の経験
はまだないが、昨年から走りに目覚め、10kmやハーフマラソンは経験
済み。昨年秋頃か
ら腰痛や足の痛みに悩まされており、今回は東京マラソンも
控えているため、無理はせ
ず、中間の3周のみの担当。調子が良ければ好タイム
が期待できそう



大会まであとわずかです。起伏の激しいコースなので、順位などは気にせず、
ケガをしないように楽しんで走ってきます。
当日までは体調を崩さずに大会に
臨みたいと思います。
皆様も寒い日が続いていますが、暖かくしてお過ごしく
ださい。
大会終了後には、また結果をお伝えします



杉浦・小野寺


 


 


 


 


 


 


 


ユニフォーム写真