ちょうど1年前。このブログが立ち上がって最初に投稿した記事の「第2弾です」

またまた私の「驚異の?通年半袖」の季節がやってまいりました。


1
年以上のお付き合いのご利用者様には「また今年も頑張っているね~」と言われ、まだお付き合いの短いご利用者様には「え!?今日も半袖なの?」と、驚いていただいています。

そしてやはり皆さんに「何で寒くないの?」と質問されます。


「普段もそんななの?」「長袖持っているの?」との質問も多いので、普段の私の格好をご覧ください。

ごく普通に季節相応で、気持のよい冬の青空になじんでおります。

image001f

自分でも正直不思議なのですが、あのピンクのポロシャツ(リハデイ女子のユニフォーム)を着て仕事をしている時だけは、外に出ても鳥肌すらたたないのです。本当に不思議です。


お正月に箱根駅伝のランナーを見ていて思いました。

「この人たちは、ランニングに短パンなの・・・寒くないのかしら?」

これって、ご利用者様や他のスタッフが私に対して思うのと同じではないかしら・・・そして私は仕事中は「試合中」みたいな気分だから、「寒いと感じるセンサー」のスイッチが切れていて、だから寒くないのだと気づきました。つまり「寒いと感じる」余裕がないのだと。(笑)

 


さて、前回の「寒くない?!」第1弾の最後にお約束した「私の寒さを乗り切るコツ 其の1」をご紹介させていただきます。


小さい頃、「ピノキオ」のお話テープが好きで何度も繰り返し聞いていたのですが、その中に貧乏なゼペット爺さんの名言がありました。

壁に描いてある煌々と燃える暖炉の絵を指して「想像力さえあれば、石炭は必要ない」

少し極端ではありますが、要は「気の持ちよう!」です。(笑)


これ、実は理にかなっていて、「寒~い寒~い」と言って縮こまり動かないと、血液循環も悪くなり、さらに体も冷えやすくなり代謝も落ちて寒くなります。力を抜いて体をリラックスさせて、深~い呼吸をして「あったか~い」とイメージすると・・・温かくなってきませんか?(笑)

 


最後に、前回のブログに書いた我が家の「干し柿」についてのご報告。

無事完成しました!砂糖が表面に粉のようにふき出す「柿霜」は、ついに見られませんでしたが、その後の調べで、渋柿の方が糖度が高いことがわかり、きっと甘柿で作ったから・・・と納得し、干し始めて1か月ほどで食しました。甘すぎず、大変美味でした。

image002f

リハデイ 藤