ハートネット・スタッフのblog

ハートネットのスタッフが日常の仕事上の事や、私生活の上で嬉しかった事や感動したことを、綴って行きます。

2015年04月


 先日、平日にお休みをいただき、子供たちのテニス合宿の送迎で山梨県北杜市まで行ってきました。先月、東名~中央道間に開通したばかりの外環道を通ったので、これまでよりも早く到着することができました。


朝、合宿先のホテルに子供たちを降ろし、少しだけ練習を見学した後に妻と二人でドライブに出掛けました。この日は快晴で富士山や八ヶ岳がよく見えました。

2 (1)
2 (2)


小淵沢まで足を延ばし、アウトレットからの帰り道に県道を南下中、「神田のイトザクラ」という幟を発見。試しに見に行ってみようということになり、幟に導かれて農道を進んでいくと平坦な草地に大きな枝垂れ桜が1本。残念ながらまだ花は開いていませんでした。


それでも車から降りてブラブラと眺めながら地元の方とおしゃべりをしていたら、その方から満開の桜があるとの情報を入手。大まかな場所を教えていただき、向かってみることに。

 

国道20号線を甲府方面に進むと「神代桜」という幟が見えてきました。幟を頼りに進んでいくと無事に目的地に到着。「実相寺」というお寺です。山の中にそのお寺の周りだけ車と観光客がいっぱい。駐車場には誘導員も大勢いて屋台も多数出ており、何やら賑わっています。

 

駐車場に車を停め、境内に入っていくと見事に桜が満開でした。菜の花畑もあり、多くの桜と同時に楽しめました。

2 (3)
2 (4)
2 (5)


境内では中でも大きな幹の桜に人が集まっています。案内板を見ると国の天然記念物に指定されていて、樹齢二千年とも言われる「神代桜」と紹介されています。老木のため、根元から3mくらいで幹が折れてしまっていて、残った幹の途中から伸びた枝に花を咲かせていました。残っている幹は確かにこれまで見たこともない太さです。

2 (6)


「樹齢二千年とはすごいなぁ」とは思いましたが、これが『日本五大桜』や『三大巨桜』の一つとして全国でも有名な桜だとは露知らず。

 

翌日から訪問リハビリで利用者様に話題の一つとして「山梨県の桜を見てきました」と言っただけで「神代桜?」とあちこちのお宅で聞かれました。実際に見に行かれた方もいらっしゃいました。

今回は運が重なって『三大巨桜』の一つを見ることができました。しかも満開。他の『三大巨桜』も調べてみたところ、福島県三春町の「三春滝桜」、岐阜県本巣市の「淡墨桜」となっていました。いずれ機会があれば見に行ってみたいです。

 

夕方、また少し子供たちのテニスを見て、コーチに託した後、帰りは事前にチェックしておいた燻製料理を食べられるダイニングバー「燻’s’s」でディナー。中央道の甲府昭和インターのすぐ近くにあり、寄りやすい立地です。


おしゃれなダイニングバーで、自家製燻製三種盛りや魚介の燻製三種盛りをはじめ、チキンや鴨、チーズなど、いろいろな燻製料理を楽しめました。

2 (7)


 

 

杉浦


皆さん、ムーミンはご存知ですよね。


ムーミンは、北欧フィンランドの有名な小説に登場する妖精です。

昔、テレビでも放送されていたので懐かしいという人もいるのではないでしょうか。

 

実は、今、ムーミンをモチーフにしたお店が続々登場し密かなブームになっています。

 

そこで、先日、そのお店のひとつであるベーカリー&カフェの『ムーミン カフェ』に行ってきました。

 IMG_0333

店内は、ムーミン童話に入り込んだような空間で、ムーミンの家をイメージした作りになっています。

ムーミンの生まれ故郷「フィンランド」のパンや北欧の季節の料理、また、童話の登場人物達をモチーフにした料理などメニューも色々と豊富です。

 IMG_0337

隣には、パン屋さんもありオリジナルのパンやお店で食べたパンなど持ち帰ることもできます。

 

 

そして、このお店の最大の魅力は、なんといっても、あのかわいいムーミンキャラクター達との食事タイムです。

 

食事中は、店員さんが各テーブルに大きなムーミンや仲間達のぬいぐるみを連れて来てくれて一緒に食事を楽しめます。

 IMG_0540

ムーミンファンには、とても嬉しいサービスですね。

 

かわいいぬいぐるみ達に癒されつつ、とても不思議な空間を体験してきました。

 

ムーミンファンの方は、是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

 

リハデイ 中

満開だった桜も、入学式にぎりぎり間に合うかどうかというタイミングで散ってしまいましたね。例年、この時期は、各送迎ルートに点在する桜の花見が仕事の楽しみの一つでしたが、今年は桜のピークが週末だったこともあり、若干物足りない印象でした。

 

が、しかし・・・・・今年は特別な桜が咲きました。


リハデイで介護の仕事に就きもうすぐ4年。

その間、中高老年期運動指導士、介護予防運動スペシャリスト、介護予防指導士などの資格を取得してきましたが、実は介護の専門職としての資格はまだ持っていませんでした。


そしてついに先日、3年の実務経験を経てはじめて挑戦できる「介護福祉士の国家試験」を受験。1月末の筆記試験と3月1日の実技試験をクリアし、無事合格することができました!

image001
 

写真は、緊張の実技試験前夜、デスクの上に準備したもの。

実技試験の時に着るリハデイのユニフォーム(平常心を忘れないように)、初詣で購入した近所の神社の合格祈願のお守り(ジャージのポケットに忍ばせて)、息子に借りた魔除けのラピスラズリの勾玉(見えないように首からぶら下げて)、そして受験票とドイツのラッキー豚のお守り(バッグに入れて)。もちろん頑張って勉強はしましたが、ご覧のとおり、最後はかなりの神頼み!でした(笑)

 

しかし結果的に・・・・何よりも私の大きな力となったのは、受験勉強でも、神様でもなく、これまでご一緒させていただいたご利用者様、そして現場でのスタッフとの関わりの中で学ばせていただいていることの積み重ねでした。この場をお借りして、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

さて、私の合格を聞きつけたご利用者様から、早速質問がありました。

「資格取って、なにか変った?」

 

どうでしょう・・・・

私にとって今回の資格は、これまで頑張ってきたことの「証」という意味合いが大きいように思います。やはりリハデイでの3年間の実務経験があってはじめて挑戦できたわけですし、そこでやってきたことにお墨付きをいただけた・・・・という感じなのです。とにかく嬉しくて、嬉しくて!

ですから、「変わった」という事で言えば、もしかすると数か月は、いつにも増して少しテンションが高めかもしれません。(笑)

でも心の中では、介護福祉士をいう看板を背負うことになった「責任」をひしひしと噛みしめつつ、更に質の高いサービスをお届けできるよう、自分には何ができるか・・・そんなことを考えています。どうぞこれからもよろしくお願致します。

 

リハデイ 藤


先日、三溪園に行ってきました。

 

ここに来るのは小学生(1年か2年)の遠足で来て以来だと思います。

年数で言えば46年ぶり位です(笑)

なので、全然覚えてません。


ここは環状2号線と新しく出来た首都高湾岸線の真下の道路を使えば、当事務所からも15分程で来てしまいます。近くにこんなに素敵な所があったのですね。

 

園内には旧邸宅や、こんな風情たっぷりなお茶屋さんとかも・・・
10986461_807857319289511_1559900098053334842_n

20788_807854009289842_3310946441089681247_n
1428311231612

【三溪園・・・三溪園は生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって、1906年(明治3951日に公開されました。175,000m2に及ぶ園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置されています。(現在、重要文化財10棟・横浜市指定有形文化財3棟)
東京湾を望む横浜の東南部・本牧に広がる広大な土地は、三溪の手により1902年(明治35)頃から造成が始められ、1914年(大正3)に外苑、1922年(大正11)に内苑が完成するに至りました。三溪が存命中は、新進芸術家の育成と支援の場ともなり、前田青邨の「神輿振」、横山大観の「柳蔭」、下村観山の「弱法師」など近代日本画を代表する多くの作品が園内で生まれました。その後、戦災により大きな被害をうけ、1953年(昭和28年)、原家から横浜市に譲渡・寄贈されるのを機に、財団法人三溪園保勝会が設立され、復旧工事を実施し現在に至ります。・・・三溪園ホームページより

もっと詳しく知りたい方はこちらを↓
http://www.sankeien.or.jp

 

しかし、色々な種類の桜があって、昼も夜も本当に綺麗でした。
1428312081806
1428312059567

桜・・・・おおよそ日本人にこれ程まで愛されている花はないだろうと思います。

11090891_807825059292737_4925318180088004152_o


淡いピンクの小さな花を咲かせたかと思えば、すぐにはらはらと散り去ります。

11070247_807825039292739_8759775016396796512_o

桜は何の為にあれほど美しく咲くのでしょう?

 人間には『こうなりたい』とか、『かくありたい』 という欲望はありますが、 桜には『こんな風に綺麗に咲きたい!』なんて想いは有ろうはずがありません。

11012806_807825052626071_6544719993994120191_o


開花がニュースになったり、花を咲かせればその樹の下に人が群がります。これほどまでに幸せな樹木はないであろうに、花たちには幸も不幸もないのです。


 11062150_807825055959404_4440776129267758338_o



人知れず山奥深くにある桜も時が来れば凛と花を咲かせ、多くの人々の前で咲かせる銘木も時が来ればあっさり花を散らします。

11089079_807825045959405_3079386607868196916_o


自然のままに命を循環させる桜のありように、人の目を気にしたりする自分が、時々愚かしく思えてなりません。


最後に一句


『散る花を 惜しむ心や とどまりて また来ん春の たねになるべき』

西行「山家集 春の章」より。




神宮司


リハインストラクターの橋本です。


またまた利用者様から素敵なアイテムを持ってきて頂きました。

IMG_0400
名称はヨーヨーで良いのですかね?

コレはゴムが付いていてヨーヨーとして楽しめますが、
ゴムがないものはお手玉としても楽しめますね。

IMG_0401
いつも素敵なアイテムを持ってきて頂いている利用者様に感謝です。


ちなみに前回のどんぐりコマに続きコチラも手作りです^_^

 

          リハデイ  橋

このページのトップヘ