ハートネット・スタッフのblog

ハートネットのスタッフが日常の仕事上の事や、私生活の上で嬉しかった事や感動したことを、綴って行きます。

2015年02月

みなさん  いよいよあの憂鬱な花粉の季節が到来です。

 

皆さんは、いかがでしょうか?

 

リハデイでも、私を含め数名のスタッフが早くも花粉症に悩まされています…>_<

 

 

皆さんもご存知の通り今年の花粉量は、昨年の23倍多く飛散するといわれています。

 

花粉症にとっては、この憂鬱な期間を少しでも楽に過ごしていきたいもの。

皆さんは、どのような対策をなさっていますか

 

薬又は、食事療法などでの体質改善など色々とありますが…

今回は花粉症に効果があるとされる食材に注目。

 

その食材のひとつで私のお気に入りでもあるのが“レンコン”です。

 

レンコンの栄養成分の中で花粉症に効果があるのが“ムチン”という成分だそうです。

レンコンを切ったときにでるあのネバネバした成分がムチンでこれが鼻や喉、気管支の粘膜の保護や強化に働いてくれるそうなんです。

 

レンコンは、どちらかというと脇役で影の薄い食材に感じてしまいますが、

花粉症にとってとても心強い味方なのです。

 

 

しかも縁起物とされるレンコン。

炒め物、煮物、ハンバーグ、シチュー等々この時期様々な料理に積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか

IMG_0218
ちなみに、私のお気に入りレンコン料理は、お馴染みのきんぴらです。

あのシャキシャキとした食感とピリ辛の味付けが大好きです。

 

 

花粉症の皆さん

これからがいよいよ本番です。この憂鬱な期間を少しでも楽に乗り越えて暖かな春を迎えたいものですね。

 

 

                                    リハデイ   中

image001

先日、東京都内を駆け抜ける「東京マラソン2015」が行われました。ハートネットからは申込んだ4名のうち、運良く2名参加することができました。全体の倍率が10.7倍と過去最高となったなか、同じ職場から2名も走る権利を得たことがまず奇跡です。

image003

はじめは職場内で自分一人始めたマラソンもいつしかランニング仲間が増え、今ではリハスタッフで走らない人はいないくらいの勢いになっています(笑)ね?小林さん!?


東京マラソンは2013年大会から「ワールドマラソンメジャーズ」といって、ボストン・ロンドン・ベルリン・シカゴ・ニューヨークと並ぶ世界6大大会に選ばれているという事もあり、海外からの選手も多かったです。それとなんといっても警備の強化です。折り畳みの傘すら持ち込めない厳重な手荷物検査、金属探知機による身体検査等、様々なテロ対策が行われていました。ニュースで話題のランニングポリスもその一環でした。


天候は雨のち曇り。春一番が吹くかもしれないといった天気予報が外れ、一日中寒かったですが、走るときに雨があがっていたのが唯一救いでした。

自身のフルマラソンベストタイムは4時間20分、前回参加した東京マラソン2013では5時間30分ほどの時間を要しました。


気になる今回の結果は・・・


image005

スプリットというのは「よーいドン!」からゴールまでに要した時間。

ネットタイム:( )内の数値。というのはスタートラインから実際に走った時間となります。スプリット、ネットタイムともに、見事『サブ4』達成です!


沿道の応援、サポートが手厚く、何度も背中を押されました。仲間が待っていると思うと自然と身体が動いた感覚もあります。


個人的に印象に残った言葉は、『君たちはみんなの代表だよ!』『当選しなかった人の分まで胸を張ってゴールして!』『あと残り○○キロしか東京マラソンは楽しめないんだよ!』

自分一人の力でゴールしたとは思いません。みんながいたからゴール出来たのだと声を大にして言いたいです。


image007

4時間を切って完走する』といった自身の目標を達成することができ、感無量です。

今までのトレーニング、生活習慣の改善やセルフケア、全ての集大成といえる最高の大会となりました。今は身体を休めることを第一に考えており、次回の目標は具体的には決めていませんが、その目標を決める段階からも楽しめるようにしていきたいと思っています。


最後に、多方面からサポートしてくれた同僚リハスタッフの皆様、応援してくださった利用者様、家族、友人、安全かつ盛大に今大会を作り上げてくれた大会関係者、ボランティアの方々、沿道で応援してくださった方々、遠くで見守って下さった方々、全てに感謝したいと思います。ありがとうございました。

image009


☆樹☆

人間の身体は、約60兆個の細胞で出来ています。

その細胞は言ってみたら自分の子供のようなもの。その子供は何で出来ているか?

そう、毎日の食べ物や飲み物で出来ているのです。

その子供達に、良い食材でご飯を食べさせてあげたい! と思うのは親心。

いい加減なご飯をあげていたら、子供(細胞)も不機嫌になり、
そのうち反乱を起こしてしまいますよね。

その子供(細胞)の反乱とは、疾病であったり、
その反乱が大きくなると癌になってしまうのです。



そこで先日作った、変わり種のジェノベーゼを紹介致します。

『ルッコラのジェノベーゼ、インカインチ風』
10917152_767941683281075_2212762765100798801_o
材料は、オメガ3を豊富に含む『インカインチオイル』と『ルッコラ』と『ナッツ』



先ずはインカインチオイル。
10346436_767941749947735_3401547492432808843_n
これは以前このブログでもご紹介させて頂きましたが、アマゾンのグリーンナッツから出来たオイルでオメガⅢがとても豊富です。オメガ3とは不飽和脂肪酸というやつの一種で、人間には作ることのできない必須脂肪酸です。
ii-sa
そのオメガ3の効能は


●動脈硬化・心筋梗塞予防

●高血圧予防

●脂肪肝(肝臓の病気)予防

●脂質異常症(高脂血症)予防

●メタボリックシンドローム予防

●脳の活性化による記憶力のアップ

●認知症予防

●抗うつ作用・イライラを抑える

●花粉症・アトピー性皮膚炎などアレルギー症状の緩和

と良い事だらけですよね。特にオメガ3は脳や網膜の神経機能を維持する上で重要な機能をはたし、さらに血流を改善し、脳血栓、動脈硬化、高脂血症の予防にも役立つといわれ、ダイエット、美肌、アレルギーや肌荒れ対策に活躍してくれます。

このオメガ3は、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、青魚、緑黄色野菜、豆類などの食品に含まれています。しかし、えごま油、シソ油、亜麻仁油等は熱に弱く酸化しやすいので加熱料理には向いていないのが弱点です。その弱点を克服し、熱にもある程度強く極めて強い抗酸化力を有するのが、このインカインチオイルなのです。

なんて素晴らしいオイルなんでしょう!


その他の食材、ルッコラは栄養価が高い緑黄色野菜でもあり、β-カロテンを初めビタミンEやビタミンKを豊富に含んでいます。特にビタミンCが非常に豊富で、ほうれん草の約2倍も含まれています。多く含まれている葉の部分には、血液を浄化する働きや、利尿作用、胃のむかつきを抑える作用などがあります。さらに、鉄は豊栄養野菜で知られるモロヘイヤと同等に含んでいます。カルシウム含有量は、ピーマンの約15倍もあります。体を支え、心臓や脳を保護する役割があるため欠かせない成分です。また、体の解毒機能を強化するといわれているグルコシノレートも含んでいます。


そして、ナッツ。今回はクルミを使いました。


クルミは100gで673キロカロリーもある、高エネルギー食品です。果肉の6~7割が脂肪分で、リノール酸がその大半を占めています。タンパク質も他のナッツ類に比べ良質で、カロチン(ビタミンA)、ビタミンB1、リボフラビン(ビタミンB2)、ビタミンEなどビタミンも豊富です。ほかに、カルシウム、リン、鉄などを含み、「貴族の美容食」として愛好されただけのことはあります。そしてくるみは動脈硬化予防作用に優れており、常食していると、血中の老廃物を除去し、血管を丈夫にする働きがあります。 動脈硬化の予防になるだけでなく、血管の若さを保ちます。


作り方は普通のジェノベーゼと同じです。フードプロセッサにルッコラとクルミ、そしてインカインチオイルを入れて混ぜ混ぜ! 茹で上がったパスタに絡めて出来上がり! グルテンフリーで食べたかったら、十割蕎麦を使ってみるのも良いかもです。今度は春菊と十割蕎麦で作ってみようと思います。


色々な食材で、新たなレシピに挑戦する事って、なんだかとても楽しいですよね。
そしてそれが身体に良ければ尚更です。

神宮司




ちょうど1年前。このブログが立ち上がって最初に投稿した記事の「第2弾です」

またまた私の「驚異の?通年半袖」の季節がやってまいりました。


1
年以上のお付き合いのご利用者様には「また今年も頑張っているね~」と言われ、まだお付き合いの短いご利用者様には「え!?今日も半袖なの?」と、驚いていただいています。

そしてやはり皆さんに「何で寒くないの?」と質問されます。


「普段もそんななの?」「長袖持っているの?」との質問も多いので、普段の私の格好をご覧ください。

ごく普通に季節相応で、気持のよい冬の青空になじんでおります。

image001f

自分でも正直不思議なのですが、あのピンクのポロシャツ(リハデイ女子のユニフォーム)を着て仕事をしている時だけは、外に出ても鳥肌すらたたないのです。本当に不思議です。


お正月に箱根駅伝のランナーを見ていて思いました。

「この人たちは、ランニングに短パンなの・・・寒くないのかしら?」

これって、ご利用者様や他のスタッフが私に対して思うのと同じではないかしら・・・そして私は仕事中は「試合中」みたいな気分だから、「寒いと感じるセンサー」のスイッチが切れていて、だから寒くないのだと気づきました。つまり「寒いと感じる」余裕がないのだと。(笑)

 


さて、前回の「寒くない?!」第1弾の最後にお約束した「私の寒さを乗り切るコツ 其の1」をご紹介させていただきます。


小さい頃、「ピノキオ」のお話テープが好きで何度も繰り返し聞いていたのですが、その中に貧乏なゼペット爺さんの名言がありました。

壁に描いてある煌々と燃える暖炉の絵を指して「想像力さえあれば、石炭は必要ない」

少し極端ではありますが、要は「気の持ちよう!」です。(笑)


これ、実は理にかなっていて、「寒~い寒~い」と言って縮こまり動かないと、血液循環も悪くなり、さらに体も冷えやすくなり代謝も落ちて寒くなります。力を抜いて体をリラックスさせて、深~い呼吸をして「あったか~い」とイメージすると・・・温かくなってきませんか?(笑)

 


最後に、前回のブログに書いた我が家の「干し柿」についてのご報告。

無事完成しました!砂糖が表面に粉のようにふき出す「柿霜」は、ついに見られませんでしたが、その後の調べで、渋柿の方が糖度が高いことがわかり、きっと甘柿で作ったから・・・と納得し、干し始めて1か月ほどで食しました。甘すぎず、大変美味でした。

image002f

リハデイ 藤

お久しぶりです。リハデイの橋本です。

今回もリハデイの利用者様がお持ち下さったアイテムを紹介します。

はい、今回はドングリのコマです。
image002

利用者様と同時にまわし、どちらが長くまわせるか競ってます。

しかし、意外と最初は難しく上手くまわせないのです~_~;

 

懐かしい遊びの一つでもあり、指先のトレーニングにもなるため、

集めたドングリで制作してきて下さいました。

いつも私を楽しませてくれるアイテムを持ってきて下さる利用者様に感謝します^_^

 

 

リハデイ  橋




このページのトップヘ