ハートネット・スタッフのblog

ハートネットのスタッフが日常の仕事上の事や、私生活の上で嬉しかった事や感動したことを、綴って行きます。

2013年11月

娘が京都方面に転居してからもうすぐ2年が経過しようとしています。

それから何かと理由をつけて、京都に行く回数もぐっと増えました(笑)
そして、色々なお店を見つけて行くのもまた楽しみの一つ。

最初にご紹介したいのが、ここ! 『THE SODOH 東山 京都』

すぐ近くには、「八坂の塔」や「高台寺」があり、清水寺にも程近く、
京都観光の中心地にもなりえるお店です。

sodoh_restaurant_10


またこのお店自体が非常に情緒深いのは、日本画家の竹内栖鳳が
昭和4年に建てた旧邸宅だからです。その巨匠画家の美意識、京都
ならではの雅趣。静寂に包まれた庭園などが、とても優雅なひと時を
与えてくれるはずです。

お庭や建物やその他諸々、思いっきり『和』のテイストなのですが、
お料理は、京都の新鮮な食材をふんだんに使用したイタリアンです。

しかし、夜行くと店内は非常に暗く、ワタクシ老眼も加えて、メニュー
が全く見えませんでした(笑)

しかし、大事な人と行くには、とっても良いお店だと思いますよ。

caption


そして今の時期は、紅葉も素晴らしー!・・・・・・・筈!!(笑)

c8cd4daf365480aea670765a31b21a41-436x345


京都に行かれた時は、是非立ち寄ってみて下さいね♪      神

遅れ馳せながら、今日からハートネットのブログをスタートさせて頂きたいと思います。

私共の会社は、基本的に4つの事業所から成り立っていて、それぞれの事業所の場所も違うことから、スタッフ同士の交流もなかなか出来ないので、少しでもこの場所がスタッフ同士の交流の場になればいいなぁ~♪ とも思っています。

今日は先ずはワタクシ、神宮司が書かせて頂きます。

皆さんもご存じの通り、ハートネットは介護事業と保険事業をしておりますが、介護事業の方では、リハビリテーションを核とした訪問看護、通所介護をしております。その中から今日は、通所介護のリハデイ・ハートネット日野をご紹介させて頂きます。

リハデイ・ハートネット日野は、平成22年12月にオープンしましたので、来月3周年を迎えます。
定員は午前中10人、午後10人の小規模デイサービスですが、いっつも沢山の利用者様に支えられて、スタッフ達からは、「逆に元気を頂いているんですよ~♪」と、いつも聞いています。そして利用者様から喜びの声や感謝のお手紙を頂いたりしていますが、そのお声をここで少しご紹介させて頂きたいと思います。

73歳女性(要介護2)

     デイに通うようになってから足が軽くなり、足のむくみも改善された。

     今まで玄関の段差を一人で降りられなかったのに、出来るようになった。

     入浴介助のため訪問看護を利用していたが、浴槽も一人でまたげるようになり介助が不要となった。効果を実感しているので、
デイを週
1回から週2回に増やした。

     とにかく運動が楽しく、今はヤル気に溢れている。今まで外出も出来ない身体だったので、デイに通える事が嬉しくてしょうがな い。スタッフも皆とても明るく良くしてくれていて、この出会いに本当に感謝している。

 

82歳男性(要介護2)

     レッドコードはとても良いと思う。リハビリを主体とした、このようなタイプのデイサービスはもっと増やして行くべきだと思う。介護認定を受けた高齢者たちは、もっとこの様なデイサービスを利用して体力の回復、維持、向上をしたほうがよい。


83
歳男性(要支援2

     先天性の疾患でコンプレックスがあり、今まで外出には消極的だった。どこのデイを勧めても

   全くダメだったが、今回はスタッフさんの気配りのお陰で他利用者様との交流がもて、楽しそうに通所しているので本当に良かった【担当ケアマネージャー談】

 

67歳男性(入所時・要支援2現在・要支援1)

     このようなデイサービスに出会えて本当によかった。見学時の説明もわかりやすく、実際に体験する事で良さが実感できた。姿勢分析や体力測定で、自分の身体状態もわかるので、目標をもってリハビリに取り組める。サービス時間が半日なのも良いと思う。個々の身体(部位)の痛みや状況 に合わせて運動量も調整できるので無理なく続けられそう。

等のご意見、ご感想を頂戴いたしました。(ほんの一部のお声をご紹介させて頂きました)本当にありがたいですね。

私共のデイに通って頂き、QOLも向上し、そして何より元気に明るくなって頂く事が、私共の生き甲斐であり、喜びでもあります。

リハデイ・ハートネットの自慢のスタッフ達です!
集合写真2
                                                    神

このページのトップヘ