ハートネット・スタッフのblog

ハートネットのスタッフが日常の仕事上の事や、私生活の上で嬉しかった事や感動したことを、綴って行きます。

18日(日)に港南区の野庭中学校で開催されたランニング大会に参加してきました。


 この日は朝からどんよりとした雲がかかり、午後から雨予報で、気温はかなり低かったです。幸い、レース中は雨には降られずに済みましたが、応援の方々はかなり寒そうにしていました。

 

我が社の訪問看護ステーションからは、わたくし、杉浦が一般男子の部(10.61km)、愛フィット港南からは高橋くん親子がファミリーの部(1.5km)、ついでにウチの次女も小学6年生女子の部(2.0km)でエントリーしました。

 

 

8

【高橋くん親子 スタート前の余裕の表情】

 




8
【ゴール! 高橋くんの苦しそうな表情】

 



8
【次女 中間地点付近】

 





8
  【ラストスパート】

 

 

 結果は杉浦が42位、高橋くん親子が30位、ウチの次女が7位と、いずれも入賞には届きませんでしたが、皆全力を出し切って走りました。走っている間は苦しいですが、やっぱり走り切ったあとの達成感は格別です。

 
 小学校
6年生女子の部では、娘のテニス仲間も参加しており、見事優勝を果たしました。娘も刺激を受け、2月に三ツ沢競技場で開催される「かるがもファミリーマラソン大会」にエントリーしました。その大会では親子の部での参加になるため、娘に置いていかれないように頑張ります。

 


8
  【優勝したテニス仲間と 同じ6年生です…】

 

 
わたくしは昨年から参戦させていただいており、今年の目標は前年の記録、順位の更新でした。記録は
120秒の更新となりましたが、順位は1つ落としてしまいました。気温の影響からか、全体的に記録が出やすかったのかもしれません。

 
  また来年もチャレンジしたいと思います。

 
 寒い中にもかかわらず、応援に来ていただいた、愛フィット港南の利用者
Kさん、ありがとうございました~。

 

杉浦

 

皆様、明けましておめでとうございます。
代表の神宮司です。

旧年中は本当にお世話になり、誠にありがとうございました。
本年も変わらず、宜しくお願い申し上げます。

③
 これは自宅の窓から見た元旦の初日の出です。



本日(4日)から当社も仕事始めです(保険アシスト茅ヶ崎店は元旦から営業)

年が変わると毎年の事ですが、昨年の出来事や自分自身の行動を見つめ直したうえで、
新しい1年、こんな事もやりたいし、あんな事もしてみたい。
そして、こんな取り組みもしたいし、あんな所に行ってみたい。。。。。

と、私達の願いは尽きません。

しかし、思ってもみない出来事が、次々と起こる世の中です。

とにもかくにも穏やかな1年であって欲しいと.....
最近は、このように思う訳です。

しかし、それこそが、誰しもの切なる願いではないでしょうか。。。。。

昨年もまた、良い事もあり、悪い事もありました。
それは世の中に対しても、当社に対しても、そして自分自身に対してもです。

そして我が心の奥底にも、善い心もあれば悪い心もあります。

あるいは成功体験も、手痛い失敗も、心の奥底には記憶されている訳です。

その中には当然、不都合で具合の悪い行為の記憶もあるでしょう。
しかしだからと言って、それを操作して無くすことは出来ません。

そうした過去一切を、私達は背負って今日という日が在るのです。

当然過去を捨てることなど出来ませんし、過去を忘却する生活にはまた、確たる未来もないのです。


しかしその過去を土台として飛躍する事は、必ず出来るはずです。

そして今年は今まで以上に 『人に優しく』をテーマに取り組んでいきたいと思います。

お客様にも、ご利用者様にも、そして一緒に働く仲間にも。。。。

皆様にとりまして、この新しい年がより佳き年でありますよう心から祈念いたしまして、
私からの新年のご挨拶とさせていただきます。


有限会社ハートネット
代表取締役 神宮司 祐二






平成28106日、栄公会堂で行われた『第18回・医福ネット港南』に参加してきました。約110名の在宅医療・介護に関する方が参加され、講師のお話しを熱心に聞いていました。簡単にですが、今回行われた講演会の内容を紹介したいと思います。

第18回 医福ネット (3)

講演1)『なぜ高齢者の低栄養が増えているのか?

~高齢者が食べやすくするためのコツ~』

講師:管理栄養士 青木博 先生
第18回 医福ネット (5)


(講演2)『経腸栄養剤を使いこなして低栄養の改善につなげる工夫』

    講師:株式会社アボットジャパン株式会社
第18回 医福ネット (7)


講演1の内容は、①栄養とは・なぜ人間には栄養が必要なのか、②高齢者に必要な栄養量とは・なぜ高齢者の低栄養が増えているのか、③高齢者が食べやすくするためのコツ・少量でも栄養を効率的に摂るには、④高齢者の代表的疾患別食事のアドバイス等について述べられていました。


 低栄養の原因が見過ごされて状態が悪化しないように、より早い段階でなぜ食が細くなり始めたかという原因をみつけて改善していく必要あるとの事でした。高齢者の栄養状態を維持することの難しさを知り、それに対する対処法等を学べました。

 

 講演2の内容は、高齢者の栄養補給として用いる、エンシュア・H(経腸栄養剤)の適応や成分等について述べられていました。

 
 エンシュア・
Hは、①栄養剤の投与時間の短縮が望ましい方、②栄養剤の投与容量を減らしたい方、③エネルギー消費量が亢進している方、④水分摂取制限が必要な方に適応となっており、栄養を取るためには効果的な物でした。

 
 また、
6種味(バニラ・コーヒー・バナナ・黒糖・メロン・ストロベリー)のエンシュア・Hの試飲会もありました。以前飲んだ栄養補助関係の飲み物と比べると美味しく、意外に飲みやすいと感じました。必要とあれば、利用者にも勧めてみようと思いました。


第18回 医福ネット (8)

今回の公演は、栄養に対する知識の少ない自分でも、とても分かりやすい内容であったため有意義な時間となりました。この知識を生かし、今後の仕事にも役立てていきたいと思います。在宅医療・介護に関する知識の向上等にもなるため、興味のある方はぜひ参加してみてください。


PT矢野


このページのトップヘ